国内初 プロ専用のエステスクール 渡辺雅子式 認定クリエイティブエステティックアカデミー

HOME > 渡辺雅子のワンポイント美容レッスン > 厳重警戒『紫外線はいのちがけでカット』しましょう

厳重警戒『紫外線はいのちがけでカット』しましょう

日照時間が長くなる初夏から初秋にかけては一年中で一番皮膚が老化する季節

乾燥、シワ、タルミ、シミなどの原因となる『光老化』は紫外線の影響が最大の要因ですから油断は禁物。 環境汚染などにより地球の大気を覆っているオゾン層が激減し直接肌に届く紫外線量が増加し人体に悪影響を及ぼしています。地上まで届く紫外線にはUV-A波(長波)とUV-B波(中波)があります。

UV-A波は肌色を黒くする日焼けを起こし皮膚の深部まで届きやすく真皮層の弾力線維である(エラスチン)や膠原線維である(コラーゲン)を破壊します。こうして皮膚は除々に弾力を失いシワやたるみを引き起こすのです。

波長の長いUV-A波は雲や窓ガラスも通り抜けるためオフィスや家の中でも日焼け防止剤やファンデーションをつけましょう。外出する場合もビルの窓、コンクリートの道路、車のボンネットから反射する紫外線は強力。

曇り空だから安心など油断しないこと。UV-A波はしっかり地上に届いています。

一方UV‐B波は強い日光を長時間あたることで皮膚がヒリヒリしたり赤く炎症を起こし、やけどのような状態を引き起こします。すると表皮層の細胞を傷つけ、すべての皮膚機能を低下させ潤いのない乾燥した固い肌になり小ジワが目立つようにもなります。又、紫外線は活性酸素(皮膚細胞を酸化させサビさせる)を増加させるばかりかメラニン色素の生成を活発にしてシミやソバカスの原因となります。

どちらの波長(紫外線)も皮膚に良い恵みは一つもありません。紫外線を防ぐためには紫外線防止剤を塗ることは必須となります。紫外線防止剤(クリーム・ジェル)には紫外線を浴びる強さや時間に応じて(SPF)と(PA)という数字が表示されています。

肌に負担をかけないためには『紫外線吸収剤不使用』『ノンケミカル』と表示されているものを使用しましょう。又、海などで使用するウォータープルフの紫外線防止剤は皮膚呼吸を妨げ肌に相当の負担がかかります。肌のことを考えるならこまめに洗いながしてつけ直すとよいでしょう。

SPF(Sun Protection Factor)

UV‐B波の防止効果を表す表示です。SPF値に20分をかけた時間が紫外線防止の目安時間。たとえばSPF15の場合15×20分=(300分÷60分)5時間となります。

PA(Protection grade of UV-A)

UV-A波の防止効果を表す表示です。『+』から『+ + +』までの3段階で表示。『+』が多いほど効果的。今の時代は家の中でも紫外線防止クリームを塗り、外出時は帽子や日傘、サングラスなどで紫外線を防ぐよう心掛けて下さい。

≪ ワンポイントレッスン一覧に戻る