国内初 プロ専用のエステスクール 渡辺雅子式 認定クリエイティブエステティックアカデミー

HOME > M.W クリエイティブエステティックアカデミー 卒業生の声

M.W クリエイティブエステティックアカデミー 卒業生の声

  • 本田 美有紀

    体調を崩し仕事を休んでいた時に、雅子先生にエステを習ったという方に、フェイシャルをして頂く機会があり、鏡を見て心の底から感動。
    「このすごいエステを創り出した渡辺雅子先生とはどんな人なんだろう?」という興味と、「私もこの技術を覚えてたくさんの人に感動を与えられたらいいな」という思いで、六本木のアカデミーに向かったのが、先生との出会いです。

    "オーラが凄くてとにかくカッコイイ!"本音をズバっといってくれるところや、仕事に対するプロ意識、絶対に妥協しないところ、常にチャレンジ精神を持っているところなど、私も見習いたいと思いました。

    雅子先生のもとで学べたら、人間としても成長できると確信したんです。

    私は物覚えが悪いので、通い始めた頃はついていけるかとても不安でした。けれど、先生は分かるまで丁寧に教え続けてくれ、途中で諦めそうになった時は先生自ら電話をかけてきてくれて励まして下さいました。

    ここまで面倒身が良く、生徒と真剣に向き合ってくれる先生は他にいないと思います。今までにない素晴らしいエステ技術を学べて、ここで学んだ技術はすぐに、お客様にも大反響でリピート客が増え、サロンは安定しています。

  • 山本 佳代子

    渡辺雅子先生とは知人の紹介で知り合い、エステの「いろは」を教えていただきました。先生との出会いは、私にとって文字通り人生の分岐点だったと思っています。

    アカデミーの授業では、肌の構造から、皮膚トラブルの原因、具体的な改善手法など、実に43ものメソッドを詳しく教えていただき、現在の私の施術の基礎を作っていただきました。

    また実技でモデルになった際、先生の柔らかな手指で行われた手技の素晴らしさに癒され、今までのエステに対する考え方が大きく変わりました。

    渡辺雅子式フェイシャルエステをお客様に施術させて頂くと、治りにくいトラブルが徐々に改善されて、施術後「頬の位置が高くなった」「そういえば、私昔こんな顔してたのよね」「顎のラインがシャープになった」等、色々な感想を言ってくださいます。

    私はそのお手伝いができてとても嬉しいです。プロとしてのレベルアップや、新たな集客を考えている方、ぜひ習得してください。私のように新しい自分が目覚めますよ。

  • 山田 昌子

    私にとってエステとは、心のこもった"最高のおもてなし"のようなもの。雅子先生との出会いでどんどん引き込まれていきました。

    先生は繊細な心を持ち、優しさゆえに、時には厳しく愛をもって接してくれます。習い始めの頃は、無我夢中で覚えることで必死でした。手の動きの事しか考えられず、先生には手の動きだけでなく、肌を触って肌のストレスを感じられるようになりなさいと言われ、何回も何回も練習しました。

    心と手のぬくもり、技術が融合して初めて、お客様への満足度が高まり感動になると指導していただきました。技術チェック3回目で憧れのゴールドの印を頂くことができ、とても嬉しかったです。

    肌表面だけでなく、細胞にまで働きかけ大満足を感じた私の体験を通して、これからも沢山の方々に"最高のおもてなし"をしていきたいと思います。

  • 福家 真裕実

    27年間勤めた会社を退職し、渡辺雅子先生の門戸を叩きました。

    ただの施術方法や技術だけではなく、美容・皮膚理論、接客方法など全てクリエイティブされた新しい技法やおもてなしまでもご指導頂きました。多くの経験と知識と感動をいただき、今は高松市内でサロンを開業させていただいております。

    先生ご本人から直接指導頂けた事が私の誇りです。日々の接客も施術も、自信を持って続けることができ、お客様からの感謝の言葉が嬉しくて。エステティシャンの道を選び、サロンを経営してよかったと思っています。

  • 箱崎 恵子

    現在、自宅の一室を改装してサロンを開いています。

    先生は美容に対して確固たる信念を持っていて、その愛情溢れる授業はとても魅力的。先生に技術と理論、そしてお客様との接し方を伝授していただいたことに大変な幸運を感じています。

    これからも、お教えいただいた技術とおもてなしの心で多くのお客様へ先生の"美への信念"を伝えていければと思っています。

  • 越智 聖子

    私がサロンをオープンしたのは産後間もなくで、家事に育児に手を酷使する環境で仕事をしていました。

    雅子先生からはエステシャンは手が命だと言われ、手荒れをしないよう常に手のチェックをしていました。

    手の感覚を磨いて、雅子先生のように「触れる事でお客様の心神のストレスを理解し、癒せるエステティシャン」を目指してこれからも技術UPに努めていきたいと思います。